すっぴんサウンドの探求 その13

前回の「鳴っていない」という表現!
よくギターでは「泣く」とか言いますが、
それ以前に「鳴く」というのが重要かと…

そこで今回は、自分が敬愛する
スティーブ・ヴァイ氏のサウンドをご紹介します。

自分が好きな彼のサウンドは、アルカトラス期~
デイヴィッド・リー・ロスのバンド初期頃~
この時期は正に彼の素晴らしい
「すっぴんサウンド」が聴けます。

当時の機材はギターが主にシャーベル製!
アンプはカーヴィンX100Bという機種でした。
(後に改造したマーシャルに移行~
こちらも素晴らしいサウンドだった!)

ほぼギター~アンプ直結!
若干の空間系処理はあるものの、
生々しい、鋭いエッジの(艶感は少ないけど)
う~ん…いい音!

冒頭の、汽車の警笛と車輪がゴトゴトする
音を模した部分は、6弦を1音下げて
D音でたたみかける!!!

(その後この部分をモチーフにした
「バットホージー」という曲が、
「エイリアン・ラブ・シークレッツ」という
ミニアルバムに収録~
この時は6弦が更に1音下げられ
C音になっていました)

百聞は一見(一聴)に如かず!
こちらをどうぞ~(タイム1:00位からです)

次回に続きます~

P.S.
只今、ギターを1本売りに出しています。
東海楽器製 TRL55 という機種で、
状態は新品同様です。
栃木県の「ミートショップこしみず」さんに
預けてあります。
ご興味のある方は覗いて見て下さい。
宜しくお願い致します。
  画像です
  ↓ ↓

スポンサーサイト
image
プロフィール

robinmusic

Author:robinmusic
1965年 札幌市生まれ。
一男一女の父、
東京都多摩市在住。
現在、占術家
メンタルチェンジャー
として活動中
占術家 渡部明彦のブログ
もう一つの顔、
ギタリストとして過去に
開設していたサイトを、
今回新たにブログとして
立ち上げました。
このブログの内容
(譜例記事)の書籍化等、
出版されたい方からの
ご連絡を、心より
お待ちしております。
連絡先は
robinmusic@excite.co.jp
フェイスブックにも
登録しています。
facebookページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング参加中
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR