ギターのチューニング その4

お久しぶりでございます。
未だ未だチューニングの話は続きます。

前回はギターとピアノでは、
そもそも根本的にチューニングの
概念が違うというお話でした。

聴覚上の心地よさを優先?した
ピアノカーブに対し、
ギターはあくまでどのポジジョンでも
同音程になるのが目標?です。

その同音程でチューンされたギターの
音が耳にどう響くか!はさておき、
ちょっとこの同音程を求めた歴史?
みたいなのを振り返ると…

まずはギタリスト「バジーフェイトン」氏が
推奨したチューニングシステムが有名ですね?

そして日本の富士弦楽器が開発した
「サークルフレッティングシステム」

さらには何処かの国(忘れた)のメーカーで
やはりフレットを少々変形させた
「フレットウェイブシステム」(だったかな?)

極め付けは愛知県の手作り楽器工房ミネハラの
「ミネハラスーパーチューンシステム」です。

次回、深く掘り下げる予定…

P.S.
只今、ギターを1本売りに出しています。
東海楽器製 TRL55 という機種で、
状態は新品同様です。
栃木県の「ミートショップこしみず」さんに
預けてあります。
ご興味のある方は覗いて見て下さい。
宜しくお願い致します。
  画像です
  ↓ ↓


スポンサーサイト
image
プロフィール

robinmusic

Author:robinmusic
1965年 札幌市生まれ。
一男一女の父、
東京都多摩市在住。
現在、占術家
メンタルチェンジャー
として活動中
占術家 渡部明彦のブログ
もう一つの顔、
ギタリストとして過去に
開設していたサイトを、
今回新たにブログとして
立ち上げました。
このブログの内容
(譜例記事)の書籍化等、
出版されたい方からの
ご連絡を、心より
お待ちしております。
連絡先は
robinmusic@excite.co.jp
フェイスブックにも
登録しています。
facebookページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング参加中
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR